大阪のホームページ制作事務所 mmdesign office

私が好きなものから食べるようになったきっかけのお話

こんにちは。
最近涼しくなってきて、半袖だと寒くなってきました。

私は良いと思った事はすぐに実行するタイプで、良くも悪くも衝動的・行動的です。

でも、小さい頃は、「嫌いな物から先に食べて、好きな物を残しておいて最後に食べる」という、今とは逆のタイプだったんです。

それが、「先に好きな物を食べてしまう」ように変わったエピソードがあり、今でも大切に覚えているので、今日はそのお話を書こうと思います。

多分、小学校1年生か2年生頃。(曖昧ですいません)

今も売っていると思いますが、当時10~15種類くらいがパックになっている「チロルチョコ」を買ってもらって、どれから食べるか悩んだお話です。

私はその中に唯一、嫌いな味があったのです。

それは、「コーヒー味」。

今でもそんなに好きではありません。

その頃の私は、まず、一番初めに、コーヒー味を「泣く泣く」食べたのです。笑

それを食べ終わった時に、母が突然、

「どれでもいいから1個ちょうだい」

と私に言ったのです。

「えーーーーーーーーーー!?今、一番苦手なコーヒー味を食べたばかり。残りは全部好きなのに・・・。もっと早く言ってよ!!!!!!」

って思ってしまったんですよ。。

そして私は、好きな味の中からどれかをあげたと思うのですが、その時の「損した感」が強烈すぎたのです。

それ以降好きな物から先に食べよう、好きな事から先にしよう、という性格になりました。おそらく・・・。

今読んでみたら、ただの私がケチな話ですね。笑

  • マリエデザイン
  • >
  • Blog
  • >
  • 私が好きなものから食べるようになったきっかけのお話