大阪のホームページ制作事務所 mmdesign officeです。

なんでもできるを目指していたわたし

私がWebデザインのスクールに行き始めた頃は分からなかった事

なぜスクールに行ったか

以前から独学で本を頼りに、WordPressでオリジナルのテンプレートを作ったり、ホームページを作ったりしていました。

ですがずっと、”独学”である事に疑問がありました。「ちゃんと教わった訳でもないのに、仕事をして良いのかな?」そういう疑問が常にあり、私はスクールに行く事にしました。

結果的に、行ってすごく良かったと思います。

でも、いくつかの制作会社を経た今の私は、「独学でも良いんだ」という事を学びました。

初めての制作会社の社長は独学だった

私が初めて入った制作会社の社長は全て独学でデザイン•コーディング•ディレクション•プログラムをこなしていました。

そこで私にプチ革命が起きるんです。

「そっか、別に、正解はないんだ」

仕事を頂くことができれば、”制作会社勤務の経験値は関係ない”と知り、私はある意味形にこだわっていたんだと思いました。

フリーランスWebデザイナーの仕事のパターン

私の知り合いのフリーランスWebデザイナーには、自分で企業に営業し、制作し、アフターフォローも全て行うスタイルで成功している人がいます。

最初何もないところから電話で企業にアプローチし、営業に行き、仕事を得るフリーランスWebデザイナーは稀だと思います。

スキルがめちゃくちゃすごいという訳ではないと思いますが、すごく成功しています。

かなりのスキルがないと仕事につながらないと思っていた

色々なWebデザイナーさんに出会い、今考える事は、もちろんスキルが高い方は仕事が勝手に入ってくると思うのですが、仕事の仕方によって、必要なポイントが変わってくるという事。

Webデザイン業界に入りたての頃、自分でデザインもコーディングも、できればプログラムも覚えたいし、営業もしたい、何もかもしたいと思っていました。

ですが今は、私はWebデザイナーであり、プログラマーではない、営業職ではない、デザインの上達は今の課題で毎日サイト模写を頑張っているけれど、既に上手な人に振るという方法もある、と考えています。

自分で全てを行えるともちろん素敵で目指したいと思っているのですが、技術面だけではなく、”信頼できる”や”納期を守る”、”丁寧に対応する”という事も強みになると思っています。

そんな事を毎日考えながら、スキルアップの努力をしながら、そして事業の目標を明確にしたり、楽しい事を夢見ながら仕事しています。

最近色々な方に「楽しそう」や「生き生きしている」と言って頂けとても嬉しいです。

まだまだ30代前半です。頑張って働きます!\(^^)/

  • マリエデザイン
  • >
  • Blog
  • >
  • 私がWebデザインのスクールに行き始めた頃は分からなかった事